オーダーベッドの魅力と導入のメリットとは

人間にとって睡眠時間は、人生の3分の1を占める時間費やす行為です。そのため、以下に睡眠が私たち人間にとって重要な行為かが良く分かるかと思います。そのため、寝具にこだわりを持たなくていけないと言っても過言ではありません。寝具は、枕やマットレスなどの睡眠をする際に必要となる道具の総称を言います。寝具の中でも、ベッドをオーダーメイドで製作する事は大変魅力がありメリットも多く存在します。第一のメリットとして、自分の身長にあったサイズで製作できる点です。一般的にシングルサイズやダブルサイズなどは規格品が存在して、長さは、2mの商品が多いです。身長は個人差が多くあるため、1m90㎝の身長がある人は小さく感じてしまう可能性があります。そんな時に、製作物は2m以上にする事も可能なためゆったりとゆとりのある空間で睡眠する事が出来ます。

製作の際に、適したフレームの材種とは

フレームとして、推奨させる材種はヒノキ材です。ヒノキ材は独特のリラックス効果のある香りがします。睡眠時の匂いは安眠するために必要不可欠な要素の一つです。良い匂いがする事により、副交感神経が優位に働きます。そうする事で、脳が休息できぐっすり休む事が出来ます。やはり、既製品の化粧合板を使用したフレームでも良く、安価な商品を求めている人は既製の販売品でも良いですが、自然のヒノキ材を使用したフレームは独特の風合いもあるため大変おすすめです。しかし、一点だけ材料費が高くなってしまう点があります。近年、木材の材料費高騰により原材料が上がっている事が原因です。安価に抑えたい場合は、パイン材で製作を依頼する事をお勧めします。価格が安定しており、風合いも良いため木材へこだわる方はこちらも検討して欲しいです。

フレームを木材にした場合のメンテナンス方法は

せっかく、オーダーベッドを製作して、自分の体系にあった商品が手に入ったのだから末永く使用したいのが本能だと考えられます。木材は、どうしても傷や凹みが目立ってしまうのが現状です。そのため、定期的なメンテナンスをする事が重要です。メンテナンス一つで長く使用できるのも魅力の一つと言えます。傷がついてしまった際のメンテナンス方法として、白木の場合は着色塗装をする事が有効です。ヒノキ材やパイン材は着色塗料の浸透率が良いため色が良く染み込みます。自分好みの濃さやビンテージ感が欲しい場合はかすれさせたりするのが有効です。塗装する事により、傷が目立ちにくくなり耐久性もアップします。凹みの場合は、水を浸透させると木材表面が盛り上がってきて平らになるため、一度凹み部分に水を含ませた布を貼る事で効率よく膨らます事ができます。せっかく製作したオーダーベッドを末永くメンテナンスして使っていて欲しいです。